2011年12月16日

自然ガイドのための安全技術研修会

長野県小諸市の安藤百福記念自然体験活動指導者養成センターで、開催された「自然ガイドのための安全管理技術研修会」に、日本山岳ガイド協会側のスタッフとして参加しました。
この研修会の目的は、自然体験指導をすでに行っている指導者に対し、日本山岳ガイド協会の考える安全管理技術と、フィールドでの実際の技術を習得していただくというものです。

研修センターは、浅間山系を絶好のビューポイントです。
IMGP5025.JPG

机上研修は絵にならないので、実技の方だけご紹介します。

白田ガイドが、斜面における安全なお客様の誘導法を説明中。
IMGP5037.jpg

道が崩れている時などに有効な固定ロープの張り方のデモンストレーション。
IMGP5039.jpg

お客様が歩けなくなった時のためのザックを利用した搬送法の実践。
IMGP5106.jpg

ガイドの役割は、お客様に楽しく有意義な時間を過ごしていただくことが目的ですが、いざという時の技術をもっていることも当然必要です。
posted by 酋長 at 00:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材育成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。