2011年11月18日

太目のシラカバ

40センチ程度のシラカバの伐採依頼があり、作業をしました。

シラカバではよくあることですが、中心が腐って空洞になっていました。

シラカバは成長が早い反面、材がやわらかく、腐りやすい性質を持っています。
IMGP4570_1.jpg

30センチを越えるようなシラカバでは、中心材に腐りが入っているものがほとんどでした。
だから建物の近くにシラカバを植えるのは、お勧めできません。

シラカバは寿命が60〜80年程度と言われていますが、これも一因の一つでしょう。
posted by 酋長 at 00:00| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーボリカルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。