2011年10月20日

中学生の森林整備体験

毎年やってくる中学生の森林整備体験の「杉の間伐体験」を、今年もまた担当させていただきました。といっても毎年次の学年の生徒さんが来られるので、毎回初めての人に接します。

最初に森のこと、木の成長、間伐の必要性、手入れについて、木の切り方の話しをします。
そして、木の高さを簡易的に知る方法を、みんなに考えてもらいます。
なぜ木の高さを知ることが大切なのかと言うと、木を倒す時どこまで避難すればいいのかがわかるからです。
そして実際に杉林の中に入り、数人一組のグループになって、それぞれで木を倒してもらいました。

まず、倒す方向に向けて受け口を切ります。
IMGP4300_1.jpg

受け口を作った後は、いよいよ伐倒に向けて追い口を切り始めます。
IMGP4304_1.jpg

いよいよ木が倒れました。
IMGP4306_1.jpg

倒した木は何年生きていたのか、年輪を調べます。
IMGP4308_1.jpg

倒した木をみんなで持ってもらって、木の重さ、命の重さを知ってもらいました。
IMGP4296_1.jpg
posted by 酋長 at 00:00| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

信州信濃町癒しの森提携企業のアイスブレークプログラム

以前にもご利用いただいたことのある、ある企業の労組の方々。今回は新たな方も加えての品の待ち癒しの森体験。
まずは私のアイスブレークプログラムで、お互いに馴染みあっていただきます。

自己紹介系のアクティビティのあと、グループで協力し、一体感を味わっていただく段階に。
IMGP4132s.jpg

IMGP4136.JPG

お互いに身体を支えあうとより一体感が進みます。
IMGP4138s.jpg

これは人間FAXと言うアクティビティ。
IMGP4139s.jpg

楽しみながらたくさんいつの間にか話しをしてしまうという効果があります。
IMGP4141s.jpg

このあと、ずっと今回の来訪を楽しんでいただいたと伺い、私もとても嬉しかったです。
posted by 酋長 at 00:00| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。