2011年12月16日

自然ガイドのための安全技術研修会

長野県小諸市の安藤百福記念自然体験活動指導者養成センターで、開催された「自然ガイドのための安全管理技術研修会」に、日本山岳ガイド協会側のスタッフとして参加しました。
この研修会の目的は、自然体験指導をすでに行っている指導者に対し、日本山岳ガイド協会の考える安全管理技術と、フィールドでの実際の技術を習得していただくというものです。

研修センターは、浅間山系を絶好のビューポイントです。
IMGP5025.JPG

机上研修は絵にならないので、実技の方だけご紹介します。

白田ガイドが、斜面における安全なお客様の誘導法を説明中。
IMGP5037.jpg

道が崩れている時などに有効な固定ロープの張り方のデモンストレーション。
IMGP5039.jpg

お客様が歩けなくなった時のためのザックを利用した搬送法の実践。
IMGP5106.jpg

ガイドの役割は、お客様に楽しく有意義な時間を過ごしていただくことが目的ですが、いざという時の技術をもっていることも当然必要です。
posted by 酋長 at 00:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材育成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

太目のシラカバ

40センチ程度のシラカバの伐採依頼があり、作業をしました。

シラカバではよくあることですが、中心が腐って空洞になっていました。

シラカバは成長が早い反面、材がやわらかく、腐りやすい性質を持っています。
IMGP4570_1.jpg

30センチを越えるようなシラカバでは、中心材に腐りが入っているものがほとんどでした。
だから建物の近くにシラカバを植えるのは、お勧めできません。

シラカバは寿命が60〜80年程度と言われていますが、これも一因の一つでしょう。
posted by 酋長 at 00:00| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーボリカルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

昔伐った枝の跡

昔剪定した枝の跡を、久しぶりに見ることができました。
IMGP4513_1.jpg

剪定した跡をカルスの盛り上がりが平均的に覆っています。
まもなく、傷がすっかり隠れてしまいそうです。

健康に直っている所を見るのはうれしいですね。
posted by 酋長 at 00:00| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーボリカルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

伐った方がいい木

ある別荘のお客さんから、枯れ枝がぶら下がっているので、取って欲しいから見て欲しいとの依頼がありました。
早速行ってみると、その隣の木のほうが危ない状況でした。

IMGP4498.JPG

幹の途中にサルノコシカケが生え、その下にキツツキがあけたと見られる穴が。
またそのさらに下には、昔折れた枝の跡から腐りが入り、内部へ穴が通じていました。
たぶん幹の内部には、腐朽の大穴が開いているはずです。
IMGP4499.JPG

こうなるとこの木はもはや、救えるとはいえない状況。
家の方に傾いているので、伐採することをお勧めしました。
posted by 酋長 at 00:00| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーボリカルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

中学生の森林整備体験

毎年やってくる中学生の森林整備体験の「杉の間伐体験」を、今年もまた担当させていただきました。といっても毎年次の学年の生徒さんが来られるので、毎回初めての人に接します。

最初に森のこと、木の成長、間伐の必要性、手入れについて、木の切り方の話しをします。
そして、木の高さを簡易的に知る方法を、みんなに考えてもらいます。
なぜ木の高さを知ることが大切なのかと言うと、木を倒す時どこまで避難すればいいのかがわかるからです。
そして実際に杉林の中に入り、数人一組のグループになって、それぞれで木を倒してもらいました。

まず、倒す方向に向けて受け口を切ります。
IMGP4300_1.jpg

受け口を作った後は、いよいよ伐倒に向けて追い口を切り始めます。
IMGP4304_1.jpg

いよいよ木が倒れました。
IMGP4306_1.jpg

倒した木は何年生きていたのか、年輪を調べます。
IMGP4308_1.jpg

倒した木をみんなで持ってもらって、木の重さ、命の重さを知ってもらいました。
IMGP4296_1.jpg
posted by 酋長 at 00:00| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。